アンチエイジングの取り組みは食べ物から手軽にできるが、測定が手軽じゃない。

三十路を超え、体力の衰えも感じておりますが、タイミング良くダイエットに目覚めて糖質制限ダイエットとエアロバイクダイエット、そして若干の筋トレをベースに体重を落とすことに成功しました。こうなってくると凝り性なので自分の体をもっと追求したくなるものです。

筋肉を沢山つけてカッコいい体にしたいという考えもありましたが、これから10年20年経っても今と変わらずの風貌でいられればまずは良いなと思いアンチエイジングに取り組んでみることに。イケメンになれるなら望んでなりますが(;´゚д゚`)

スポンサーリンク

取り組んでみるといってもネットで情報を調べてスーパーでその食材が売っていれば買ってみる程度でありますが。アンチエイジングによい食べ物を紹介しているサイトも参考にしていただければと思います。

すべて理想通りに実行していくことは難しそうですが、肉と糖質との接し方を考える事は必須になりそうです。その昔は焼肉、ライス、ビールでどこまででも行けたのにもうやることはないのでしょう。もし100歳まで生きられるようであればそういった事も記念にしてみたいと思いますが。

軽い気持ちで100歳なんて書いてみましたけど、不健康な生活をしている人でなければ100~120歳は当たり前の時代になるのではないでしょうか。毎日のように医療の進化のニュースは耳に入ってきますし、十分目指せる年齢だと思います。

自分でできることとして調べた野菜なんかを少しずつでも食べて生きたいと思います。アンチエイジングにはすごく興味が出てきたのですが、その成果を健康診断などでは把握できないのが今の課題ですね。高額な人間ドックなんかでは計測す指標があるのかもしれませんが、自分が受けている健康診断ではそこまでは測れないので。

ウェアラブル端末などで運動効果の測定が簡易になってきていますが、髪年齢や肌年齢、骨年齢などの計測がもっと身近になると嬉しいですね。

スポンサーリンク
カテゴリー: 健康 タグ: , パーマリンク