有名なチキンライスやシーフードなどが美味しい!シンガポールの食事情。

シンガポールに来て楽しみたいのが食事。現地の中国人向けや、日本人向け、欧米人向けなどで、基本的になんでもあるのがシンガポールなので、食事には困りません。

シンガポールの料理・食事
Photo by iamlemonfilm

スポンサーリンク

そのなかでやはり食べておきたいのがシンガポール料理。シンガポールはマレーシアなど東南アジア、そして中国の影響を受けた食事文化が発展しています。とはいえ、発展といえども若い国ですので歴史はまだまだ浅く、それマレーシア料理じゃない?みたいなのもシンガポール料理になっていたりします。定義もありませんし、歴史もないのですが、現地の人に食べられていて他国にも展開してきているので、今後もっと発展をする部分でしょう。そしてタイのように辛さがきつかったりすることはないので、食べやすくどこの人にも受け入れられる味なのも特徴です。

シンガポール料理の有名どころ!これを押さえれば間違えない有名フード編

シンガポール料理のなかで有名なものをあげていきます。日本で言えば、お寿司と、蕎麦と、天ぷらと・・みたいな話になるんでしょうか。短期間の旅行の際なんかは、このあたりを食べておきたいですね。

1.チキンライス
by bigheadmogi
Photo by bigheadmogi

日本のケチャップライスを想像しては駄目ですよ。こちらのチキンライスは蒸した鶏肉と、ライスをソースで食べるもの。ソースはねぎとごま油を混ぜたもの、チリソース、ナンプラー系やオイスターソースなどがついてきます。ご飯はジャスミンライスなど香りがついていたりします。塩や生姜、にんにくで臭みの消えた鶏肉を好みのたれで食べるのは絶品。日本人も大好きな味なので、日本のエスニック料理屋さんやカフェご飯なんかでも良く見かけるのでおなじみですよね。漢字で「海南鶏飯」とかくのは、中国の海南地方の出身者の方がシンガポールに持ち込み発展させたといわれているからだそう。レストランにもありますし、屋台でも食べることができます。

2.バクテー
シンガポール料理バクテー
Photo by bigheadmogi
この名前、聞いたことがない方が多いのでは?漢字で肉骨茶とかくこの料理は、見た目でデカイお茶の茶碗に、骨付き肉が浮かんでいる見た目。かなり豪快です。これは本当にお茶に肉が浮かんでいるわけではなく、ブタのスペアリブをニンニクや大量のスパイスで煮込んだもの。豚の臭みも消え、スパイスの良い香りが漂います。ご飯や揚げパンと一緒に食べるのが主流。汁にご飯を浸せばもうたまらない味です。屋台では大きな鍋でグツグツと煮込んでいる様子がまた食欲をそそる一品です。

3.チリ・クラブ
シンガポール料理チリクラブ
Photo by megawatts86
シンガポール料理といえばこれを思い浮かべる人も多いのでは?中国系の移民から伝わったメニューといわれ、海沿いで発展してきました。
これはカニにチリ、トマトをベースにした甘酸っぱいピリ辛フード。油もタップリ使われていてかなり農耕なお味です。これ、タップリのソースのなかにカニがドーンと鎮座されており、どうやって食べるべきか迷うのですが、大体お皿と一緒にカニの殻割りがついてきますので、こちらでカニを切り、身を取り出していきます。ソースは揚げパンや、普通のパンを浸して最後まで食べましょう。個人的には白米にぶっ掛けて食べたいかんじです。

4.フライド・ホッケン・ミー
シンガポール焼きそばフライドホッケンミー
Photo by stu_spivack
ホッケンという名前の通り、中国の福建地方のかたがたが伝えている焼きそば。海鮮の入った焼きそばです。ミーは麺という意味ですね。漢字でかくと「炒福建面」。焼きそばですがもちろんソース味ではなく塩味。魚介はイカやエビや貝が。野菜はもやしや青菜などがはいっています。ライムがついているのキュッとしぼって食べましょう。感覚的には中華料理のお店の塩焼きそばなので、エスニック料理が苦手なかたでも食べやすいです。

5.ラクサ
シンガポール料理ラクサ
Photo by carl clasio
シンガポールというよりも、マレー半島全体で一般的な麺料理です。ココナッツミルクベースのスープにエビやイカ、貝などの海鮮系、揚げ豆腐がはいっています。チリが効いていてピリっとスパイシーですが、グリーンカレーのような刺激はなく、マイルドなお味。麺はビーフンを使うのですが、お米が原材料のもちもちしたビーフンと、しっかり味のついたスープがぴったりで止まりません。中国とマレーのミックス料理であるプラナンカン料理(ニョニャ料理)の代表作です。

どれもスパイスが効いていて、美味しそう!見ているだけでおなかがすきますね。
日本にもありますが、やはり本場の味を楽しみに行ってみたいものです。

スポンサーリンク
カテゴリー: シンガポール情報 タグ: , , , パーマリンク