リュード(REUDO)のキーボードを久しぶりに使って感じたこと

2年くらい前に折りたたみキーボードの利便性を考えて、これは買いだと思い購入した。

リュードというもののキーボードでレビューもかなり良く、なによりホリエモンか誰かがオススメしていてそのスタイルに憧れて購入した。

当初は遠方への出張などもありこれは使えるなと感じていたものの、どうしてもMac環境も必要ということでMacBook Airも購入したので出番は少なくなって行った。少ないというか埃かぶって出番を待っていた。

そんな中、思い出したかのようにいまこの文章を書くのに使っているが、できることならノートでやりたい感じ。

スポンサーリンク

なによりキーボードが私の手には小さすぎた。もう少し大きいのもあった気がしたのでそちらのほうが良かったのか、、、

なによりあまり外出のない生活になっているのでノマドグッズを揃えたところで大変出番が少ない。

便利そうなガジェットの情報をしいれるとすぐに買いたくなってしまうのであるが、金持ちでもないので無駄使いは避けたい。

折りたたみキーボードに関しては本当に時間のない、忙しい著名人には良いものだと思う。

それ以外の人はそこまで時間がないわけでもないだろうからノートを開いてゆっくりタイピングすれば良いと思いますね。

それでもリュードはセッティングも簡単だし、どうしても買いたいという人がいればこれをおすすめしますよ。

スポンサーリンク
カテゴリー: ガジェット パーマリンク