シャドーボクシングの効果的な仕方

格闘技ダイエットという事でシャドーボクシングだけを想像していたかたは多いと思いますが、我慢してここまで読んでいただきありがとうございます。やっとシャドーボクシングです。このステップまでみっちりやれば1時間くらい、軽くやっても30分は経っていると思います。

休憩はいくらでもしてもらって構いませんが、体が冷えないようにだけしてください。動き出したら常に体温を上げるように意識して最後まで維持しましょう。

スポンサーリンク

さて、パンチのシャドーボクシングからです。ここからは言葉で伝えていくのが非常に難しいのですが、最大のポイントは腕に負荷をかける事です。ボクサーの構えをしてみてください。そのまま10秒停止してください。どうでしょうか、腕は疲れていますか?それとも余裕でしょうか?

日頃なにかトレーニングをしている人は例外もありますが、格闘技未経験者は構えを10秒しただけで腕が疲れるはずです。もし疲れないようでしたらまだ正確な構えになっていません。

右利きの人を例に書くと、
左手は肘を曲げて拳をオデコの高さにまで上げます。右手もこめかみあたりに拳をつけましょう。嫌でも徐々に腕が下がってきますから意識的にそのくらいの高さにしておくことで効果を実感できます。

さあ実際にやってみましょう。しかし、これ以上は文章で説明するのが難しいので良い動画がありましたのでシェアさせていただきます。

スポンサーリンク
カテゴリー: 格闘技ダイエット方法 パーマリンク