シンガポールの最新データ

シンガポールを知る上で、事前に知っておきたいのが規模感。なんとなく小さい国であることは知っているけれど、具体的にどのくらいの規模なのか

シンガポールの方が何語をしゃべっているのか、なんとなく想像つかない部分ではありますよね。シンガポール語ですか?と答えてしまいそうですが

シンガポールを知るならば、まずはその国の形や場所、大きさ等概要につて、きっちり知っておきましょう。

具体的にどれくらいかというと、東京都の人口の半分程度。福岡市と同等程度となります。

シンガポール人はバイリンガル、トライリンガルで、マレー語、タミル語、英語、中国語などを話しますが、とはいえ現地の方はマレー語が公用語。

中国系・・・74.1%マレー系・・・13.4%インド系・・・9.2%その他・・・3.3%※2011年6月末時点。国民・永住者の人口(378万9,300人)の内訳。

シンガポールに行ってきたー!なんて人の写真を見せてもらうと、皆さん半そで短パンのような格好をしています。

シンガポールと日本の時差もたった1時間。日本が正午のとく、シンガポールは午前11時。特に仕事なんかで自由にできない時など、この時差は助かります。

知らなかったでは済まされないのがこの類のものです。シンガポールは昔から「綺麗」であることがひとつの大きなステータスです。

基本的に、日本レベルの衛生さはあるけれど、部分部分、気になるところもあるかな・・というところです。水、トイレ、飲食店などの例を見てみましょう。

シンガポールはマレーシアなど東南アジア、そして中国の影響を受けた食事文化が発展しています。

ソフトバンクのSMAPのCMでおなじみとなった「マリーナ・ベイ・サンズ」の屋上「スカイパーク」に位置するプールなんかは有名ですよね。

マーライオンはどこにあるのか。マーライオンとは何なのかを知りましょう。

スポンサーリンク
この記事リストは2013年3月に作成されました。ご使用の際は自己責任にてお願いいたします。